とっとーと、きききー、こここー

福岡バトンなるものに、「とっとーと」「きききー」「こここー」という言葉が出ていた。いずれも福岡周辺で広く使われている方言なのだけれど、同じ音が連続しているので文字にすると変な感じがする。
「とっとーと」は福岡弁を紹介するときによく使われる言葉だ。これは「取っとう・と」であり、「取っている・の」を意味する。福岡では「〜しとう」=「〜している」、「と」=「強調の助詞」であることを理解してほしい。「(これ捨てるよと言われ)家で使うけん取っとうと!
「きききー」はいかにも福岡弁らしい。「聞き・きい」であり、「聞く・ことができる」を意味する。「きい」は「きる」と発音することも多く、能力(〜することができる)の助動詞である。能力の助動詞は標準語には存在しない。類似の標準語で「る」「れる」があるが、これは可能であること一般を意味している。
標準語の「る」「れる」は、本人の能力によるものなのか、あるいは外的要因によるものなのかを区別せずに使われる。たとえば、「食べられない(らを抜いて「食べれない」とも)」は、偏食のために食べられない場合と飢饉のために食べられない場合の両方で使うことができる。一方で、福岡弁の「きる」は能力上の理由の場合にしか使えない。「ピーマンは食べきらんったい」は正しいが、「戦時中は米ば食べきらんかったったい」は誤りである。
さて最後の「こここー」であるが、私はしばらく意味がわからなかった。福岡人でも理解できない人が多いのではないだろうか。これは「またこここーと思っとうけん」の「こここー」である。「ここ・来う」であり「ここ・来よう」を意味する。けれども、(県内でも地域によって違うかもしれないが)「〜に来う」という表現は聞いたことがない。あくまで「ここ」とつなげて使う場合だけ「来う」となるようだ。ちなみに、「来る」は、「また来(き)んしゃい」「遊びに来(こ)んね?」「今からそっちに来るけんね(=行くからね)」など様々な使われ方をする。