肥満増加で米の公立学校がコーラ類販売停止…全乳も

  • 肥満増加で米の公立学校がコーラ類販売停止…全乳も(読売新聞) 米国市場の清涼飲料大手3社は3日、糖分を加えた炭酸飲料などを公立学校で販売することをやめると発表した。/子供の肥満の増加を懸念する健康団体や各州保健当局の要求に応じたもので、2009年までにすべての公立小中学校の食堂や自動販売機からコーラ類が姿を消すことになる。脂肪分を減らしていない牛乳(全乳)も学校現場から追放される。/販売停止に応じたのは、コカ・コーラペプシコ、キャドベリー・シュウェップスの3社。報道によると、小学校と中学校で売ることができるのはミネラルウォーター、脂肪分を少なくした「ローファット」や「ノンファット」の牛乳、果汁100%のジュースだけになる。高校ではこれらに加え、低カロリーのジュースやダイエットコーラを認めるという。
  • アメリカ人は何を考えているのかよくわからない・・・
  • そういえば、日本の自動販売機ではお茶のペットボトル製品が多い。米コカ・コーラは、爽健美茶でも売ったらどうだろうか。カロリーゼロでみんな喜ぶ。十六茶みたいにカフェインフリーにして。
  • 参考