不眠症に使われている西洋ハーブ

  • あくまで不眠症に「使われている」西洋ハーブの一覧であり、不眠症に効果のある西洋ハーブの一覧ではない。あるものは全く無効であろう。あるいは、有害作用を有するものもあるかもしれない。不眠症の治療の基本は、生活習慣の改善と西洋睡眠薬の服用である。「代替医療(CAM)」を称して、西洋ハーブを利用した不眠症治療が主に海外で試みられているようなので、その一部をリストにした。このリストは随時更新する。
  • 内用
    • チョウトウ(煎じ。エキス。):東洋生薬としては「釣藤鈎」。漢方薬局で入手できる。
    • オタネニンジン(煎じ。エキス。):東洋生薬としては「人参」。漢方薬局で入手できる。
    • ペパーミント(振り出し?):入手容易。
    • バージニアスカルキャップ(振り出し?):日本ではほとんど流通してないようだ。
    • チャボトケイソウ・パッシフローラ・パッションフラワー(振り出し?煎じ?エキス?):日本新薬のページが参考になる。
    • カモミール(振り出し):入手容易。
    • レモンバーム・セイヨウヤマハッカ・コウスイヤマハッカ(振り出し):入手容易。
    • ラベンダー(振り出し?煎じ?):入手容易。
    • ホップ(エキス):国内での入手は可能。
    • カノコソウ(エキス):漢方薬局を通して入手できるかもしれない。
    • バレリアン・セイヨウカノコソウ(振り出し、煎じ?、エキス):国内での入手は可能。たとえば生活の木
    • ダイダイ花(煎じ?)
    • ハナビシソウ(煎じ?)
    • ギョリュウモドキ(?)
    • ニガハッカ(?)
    • カイナンフトモモ(散?)
    • カワカワ(カヴァ)(煎じ?)
    • ヨモギ(?)
    • カラスムギ(煎じ?)
    • ワレリアナ(エキス):ワレリアナソウ(日本産のカノコソウと同系統種)
    • ポテンティラ(エキス):アンセリナソウ(えぞつるきんばい)の全草
  • 外用
  • 参考文献