関谷あさみ『YOUR DOG』

YOUR DOG (TENMAコミックスRiN)

YOUR DOG (TENMAコミックスRiN)

<抜けない成人向けマンガ ☆5>
性的描写が多いため「成人向けマンガ」となっているが、茜新社から出版されている他の成人向けマンガのような内容を期待して買った男性は、驚いてしまうかもしれない。他で「抜けない」というレビューを読んだが、私も「抜けない」かもしれない(試行していないが)。以降、男性読者を想定してレビューを書く。女性読者については最後に記載する。
あらすじ。現代日本の都会での話。性体験のない13歳の少女が、街でスカウトされた30歳前後の男性にホテルに連れて行かれ、金銭報酬と引き換えに性的ビデオを撮影されるというものである。この作品は、男性読者に性的刺激を与えつつも、登場人物への感情移入を促すことによって、もやもやとした思考に誘導する内容となっている。関谷あさみが意図的にやっているとしたら、素晴らしい技術だと思う。
まず、主人公の男性は、スカウト兼撮影者として、児童ポルノを製作しているのだが、必ずしも割り切って仕事を行っているわけではなく、自らの仕事に疑問を抱きながらもアンダーグラウンドで生きなければいけない状況に置かれている。そして、少女への撮影を繰り返す過程で「うじうじ」と考えているときに、ヒロインの少女と出会う。
一方、ヒロインの少女は、性体験がなく、お金に困っているわけでもないのだが、難しい悩みを潜在的に抱えており、「他の少女とは異なる動機で」ビデオ撮影を受け入れる。この少女についての謎解きが作品のエンターテインメント性を担っている。少女は性体験がないため、初めてのビデオ撮影のときに強い苦痛を味わうのだが、この描写が非常に優れている。描写法はネタバレになるので控えるが、本作品の後味の悪さの多くを占めている。少女に感情移入すると、とてもじゃないけど抜けない。苦しくて涙が出そうになる。
さて、紆余曲折あってエンディングを迎えるのだが、男性と少女の問題はほとんど解決しない。ある程度の救いは与えられているが、それでも「ハッピーエンド」には程遠く、彼らはこれからも、非常に生きづらい人生を送っていくのだろう。極めて後味が悪いのだが、関谷あさみは同人と商業の両方で活躍している関係か、パラレルワールド的に二人のラブラブイラストを書いてしまう。絵としては美しい。けれど、これは夢なんだろう、という複雑な気持ちになる。
以上は男性読者からの視点だが、女性読者にとっては、随分と違ったものになるかもしれない。友人の女性二人に読んでもらったが、それぞれ独特の感想を述べていた。男性の性欲を満たすためだけに描かれたものではないので、女性が読んでも違う楽しみ方ができるのではないかと思う。