日本橋のメイド喫茶「めいどりぃむ」摘発について


概要
2012年9月1日、大阪府警浪速署は、日本橋の飲食店「めいどりぃむ」(大阪市浪速区難波中)の経営者を労働基準法違反(最低年齢)で逮捕した。同日、家宅捜索が行われた。
「めいどりぃむ」は、大阪の日本橋電気街(でんでんタウン)にある飲食店で、メイド風の衣装をまとった女性による接客を行っていた。報道では「メイド喫茶*1として紹介されているが、多くのメイド喫茶と異なり、風営法上の接待を行っていたので、実態は「メイドキャバクラ」のようなものだったと思われる。今回の逮捕は、労働基準法第五十六条によるものであり、中学生を使用したことが問題とされている。しかし、児童福祉法第三十四条や風俗営業法第二十二条に違反している可能性が高いので、これは今後の捜査で明らかになるだろう。
さて・・・今回の摘発は、浪速署の高度な判断ではないかと私は思っている。この「めいどりぃむ」は客引き行為とぼったくり行為を行っていた。そのため、警察や商店街への相談が相次いでおり、以前から界隈では悪名高い飲食店だった。最近では、ABCテレビ「キャスト」(2012年2月9日放送)の「シリーズ:オフレコ」で、30分〜1時間で数万円を請求される「"ニセ"メイド喫茶」として紹介されていた(取材者2人が30分で2万3千円を請求されていた)。しかし、警察は今まで摘発を行わなかった。おそらく浪速署が風営法(客引き)での摘発が難しいと判断して、労働基準法での摘発を行ったのだろう。
「めいどりぃむ」の経営者の逮捕と家宅捜索が行われたことは幸いであった。関係者からは歓喜の声が上がっている。しかし、この飲食店以外にも、客引きや料金の点でトラブルが発生しているメイド系店舗は複数存在している。大阪府警/浪速署には被害状況の解明と再発防止のための措置をお願いしたい。


関連法令 *2

  • 労働基準法
    • (最低年齢)
    • 第五十六条  使用者は、児童が満十五歳に達した日以後の最初の三月三十一日が終了するまで、これを使用してはならない。
      • ○2  前項の規定にかかわらず、別表第一第一号から第五号までに掲げる事業以外の事業に係る職業で、児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満十三歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。映画の製作又は演劇の事業については、満十三歳に満たない児童についても、同様とする。
  • 児童福祉法
    • 第三十四条  何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
      • 五  満十五歳に満たない児童に酒席に侍する行為を業務としてさせる行為
      • 九  児童の心身に有害な影響を与える行為をさせる目的をもつて、これを自己の支配下に置く行為
  • 風俗営業
    • (禁止行為)
    • 第二十二条  風俗営業を営む者は、次に掲げる行為をしてはならない。
      • 三  営業所で、十八歳未満の者に客の接待をさせ、又は客の相手となつてダンスをさせること。
  • 大阪府ぼったくり防止条例
    • (定義)
    • 第二条  この条例において「酒類提供等営業」とは、バー、酒場その他名称のいかんを問わず、営業所を設けて客に飲食をさせる営業のうち、客に酒類を提供し、かつ、歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなして営む営業で、不当な勧誘、料金の不当な取立て等による府民及び滞在者の身体及び財産についての被害の発生状況等を勘案して、この条例の規定による規制を行う必要があるものとして公安委員会規則で定める地域内において営むものをいう。
  • 大阪府ぼったくり防止条例施行規則

主な報道 *3 *4

備考

後日談

  • 一時は営業を中止していたものの、9月14日前後から営業を再開している(複数の目撃証言有り)。客引き行為については未確認だが、所属する女性従業員が「めいどりぃむ」の看板を首から下げて立っており、今後も注意が必要。
  • 9月26日の毎日新聞に「メイド喫茶:気弱なオタク狙い…悪質、大阪・日本橋で横行」という記事が掲載された。ウェブ版でも掲載されている。記事は「中学生を雇ったとして大阪府警が今月摘発したメイド喫茶「めいどりぃむ」では、法外な飲食代を巡るトラブルが相次いでいた。」と店名を明示した記述となっている。これを受けて、大阪府警浪速署、地元商店街関係者、他のメイド喫茶経営者らが対策を練っている模様(詳細不明)。
  • 該当店舗は2012年9月14日前後に営業再開し、2013年2月10日現在も営業を続けています。業態やサービス内容等は不明ですが、商店街側は毎日新聞の記事を掲示板に貼るなどして、引き続き警戒を呼びかけています。
  • 摘発後も営業を続けていましたが、2013年4月15日、風営法違反(無許可営業)で経営者を逮捕したとのことです。 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130415/waf13041518570036-n1.htm

*1:メイド喫茶」と報道されているので、読者の利便性のため、タイトルでは「メイド喫茶」と書きました。しかし、実際の業態は「メイド喫茶」と異なるという意見が多いので記事本文では、中立的な意味合いから「飲食店」と書きます

*2:総務省の「法令データ提供システム」から引用した。 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi ただし、条例については、大阪府の「大阪府例規集」から引用した。 http://www.pref.osaka.jp/houbun/reiki/reiki_menu.html

*3:五条が確認できたものを載せています。ほかにも報道があれば教えていただけると助かります。情報提供はコメント欄またはツイッターまで

*4:コメントの行は五条によるものです